報酬との引き換えでの個人データ提供に積極的な人の割合が絶対反対を上回る=GfK調べ

調査会社GfKが17カ国で実施したアンケート調査によると、27%が、報酬、もしくは何らかの優遇措置と引き替えに医療、財務、運転の仕方、エネルギー消費などに関する個人データを提供するのに問題はないと回答...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。