仏長期金利が上昇、独仏間のスプレッドも拡大

仏10年物国債(OAT)の流通利回りが1月26日午前中に1.03%を記録した。2015年12月半ば以来で初めて1%台に乗った。長期金利の上昇は世界的な傾向であり、ドイツでも同日に0.48%と、0.5%...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。