ニジェール:印資本のセメント工場、株主間の係争が原因で稼働に遅れ

印WACEM(West African Cement)と国内投資家の合弁でマルバザに建設されたセメント工場が4年の工期を経て完成したが、株主間の係争が原因で稼働開始が遅れている。
マルバザ・セメント...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。