仏CLS社、無人機を利用した海洋汚染監視契約を獲得

仏CLS社(衛星による海洋監視)は無人機を使って炭化水素による海洋汚染を監視する契約を欧州海上保安機関(EMSA)から獲得した。期間は2年間で、契約額は最大で1000万ユーロに上る。
CLS社は20...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。