FNのマリーヌ・ルペン党首、移民排斥の主張を展開

極右政党「国民戦線(FN)」のマリーヌ・ルペン党首は21日、所属する欧州議会の院内会派「国家・自由連合」(ENF)が独コブレンツ市で開いた会合に出席した。5月の大統領選に向けて、移民排斥の主張を改めて...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。