酸化チタンの発がん性を示唆する研究結果、仏INRAが報告

仏INRA(国立農学研究所)は1月20日、白色着色料として使用される食品添加物E171(酸化チタン)の発がん性を示唆する動物実験の結果を公表した。仏政府はこれを踏まえて、当局機関ANSESに対してリス...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。