OECD、フランスのパテントボックス税制を問題視

ルモンド紙によると、経済協力開発機構(OECD)がフランスのパテントボックス税制を問題視している。BEPS(税源侵食・利益移転)対策の一環で、昨年末の時点でフランス政府に対して是正を勧告したという。
...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。