サフランとGEのエンジン合弁、事業好調

仏経済紙レゼコーによると、仏サフランと米GEの合弁会社CFMインターナショナル(航空機エンジン)は2016年に、エアバス320とボーイング737向けのエンジンを1700基強供給した。前年の1612基を...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。