炭素偏析問題、原子炉の検査は「良好」(ASN局長)

仏原子炉の一部で蒸気発生器の炭素偏析問題に関して検査が進められている件で、ASN(仏原子力安全局)のシュベ局長は1月18日、検査の結果が「どちらかというと良好だ」と述べた。局長は、検査の結果、「異常」...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。