ギニア:露ルサール、フリギア・アルミ工場再建に8億2500万ドル

労使紛争を背景に5年前に操業が停止され、荒廃が進んでいたフリア市のフリギア・アルミ工場が再開する。
フリギア工場の所有者である露ルサールはギニア政府との間で2016年4月に事業再開で合意。両者はその...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。