キム・カーダシアンさんの強盗被害、警察が容疑者を一斉逮捕

警察は9日午前、パリ郊外などで合計17人を強盗容疑で逮捕した。去る10月3日にパリ市内で発生したキム・カーダシアンさんの宝飾品強盗事件に関与した容疑で逮捕した。
この事件では、パリ8区の高級宿泊施設に滞在中だったカーダシアンさんのもとに強盗団が押し入り、20カラットのダイヤモンドをあしらった指輪など900万ドル相当を奪って逃走した。警察は、現場に残されたDNAから犯罪歴がある人物を割り出し、3ヵ月近くに渡り捜査を進めた上で、強盗団の全容を把握、9日に容疑者らを一斉に逮捕した。
カーダシアンさんの事件は当時、パリの治安悪化の懸念と結び付けられて大きく報道され、政界における論争にも発展していた。