105才のロベール・マルシャンさん、自転車で「新記録」

105才のロベール・マルシャンさんが1月4日、1時間に渡り自転車で連続走行を行った。22.547kmを走破し、UCI(自転車連盟)により105才の競技者による記録として登録された。他に記録はなく、新記録として認定された。
トライアルはマルシャンさんの地元のパリ首都圏のミトリー・モリ室内自転車競技施設で行われた。マルシャンさんは若いころに自転車選手を目指したこともあり、定年後の1978年、67才で競技者登録を行い、以来、パリ・モスクワ間走破(1992年)などの実績もある。2年前には103才で1時間26.927km走破のやはり新記録を達成していた。