外資による農地買収規制法案、与党議員が提出へ

社会党所属のポティエ下院議員は、外国資本による農地買収の規制に関する議員立法法案を1月11日に提出する。同様の条項が、議員提案の修正案の形で通称サパン第2法案に追加され、先に可決されたが、憲法評議会が...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。