独ルートヴィヒスハーフェンの爆破未遂事件、12歳の少年が容疑者として浮上

フォーカス誌の報道によると、西ドイツのルートヴィヒスハ―フェンで起こったテロ爆破未遂事件の容疑者はドイツ生まれ、ドイツ育ちのイラクとドイツの二重国籍の12歳の少年で、イスラム過激派に傾倒し、2016年...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。