チュニジア:無人航空機の専門家殺害、イスラエル諜報組織の犯行か

無人航空機の専門家であるモハメド・ズアリ氏(49)が12月15日、スファックス市で殺害される事件が発生した。イスラエルの諜報組織モサドの犯行である可能性が高く、議論を巻き起こしている。
報道によると...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。