社会党の大統領候補指名争い:バルス前首相、「49-3条」の廃止を約束

社会党の大統領候補指名の予備選に立候補したバルス前首相は12月15日、大統領に当選した暁には、憲法第49-3条を廃止すると約束した。憲法第49-3条とは、法案を国会で採決なしに採択させる強行手段で、予...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。