北アフリカ系の就職差別、3割の企業で判明=覆面調査結果

労働省は12月12日、大手企業40社を対象に行った就職差別の覆面調査の結果を発表した。全体の3割に当たる12社で、北アフリカ系の候補者が明らかに差別されていることが確認された。
この調査は、ほかの条...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。