左派大統領候補、マクロン前経済相とバルス前首相がにらみ合い

オランド大統領の再選断念を受けて、左派陣営の動きが騒がしくなっている。社会党とは別に立候補するマクロン前経済相は12月10日にパリ市内の会場でミーティングを開き、1万5000人を動員することに成功。バ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。