ラガルドIMF専務理事、タピ事件で裁判開始

国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事を被告人とする裁判が12月12日、共和国法廷(CJR)で開始される。20日に結審する予定。
ラガルド氏は2008年、経済相として、タピ事件を仲裁裁判にて解決す...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。