アレバ製原子炉部品の「異常」問題、検察当局が捜査を開始

仏原子力大手アレバのクルゾ工場(ソーヌエロワール県)において、過去に製造された部品の品質検査関連書類に「異常」が発見されている件で、検察当局が捜査に乗り出した。AFP通信が12月8日付で報じた。捜査は...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。