独脱原子力政策:憲法裁、原子力発電事業者に賠償請求権を認める

独憲法裁判所は12月6日、独政府による脱原子力政策に関して、原子力発電事業者には発電所閉鎖にともなう損害賠償を要求する権利があると認める判決を下した。独政府は、2011年の福島事故を受けて、2022年...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。