スエズとトタル、廃食用油利用のバイオ燃料事業で提携

仏石油大手トタルは南仏プロバンス地方のラメド製油所(2015年末の従業員数は430人)を来春3月に閉鎖した上で、2億7500万ユーロを投じて、バイオ燃料生産拠点に転換することを計画しており、原料の廃食...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。