停止中の仏原子炉7基、近く再稼働へ

ASN(仏原子力安全局)のシュベ局長は12月5日、蒸気発生器に鋼鉄の炭素偏析問題が検出されたために停止している7基の原子炉について、個別に補足的な検査を行った上で、再稼働を許可する方針を明らかにした。...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。