相対的貧困率、14.3%に上昇(2015年)

12月5日発表のINSEE速報によると、相対的貧困率は2015年に14.3%となった。前年比で0.2ポイント上昇した。相対的貧困率は、所得水準が中央値の60%を下回る世帯の成員が、国民全体に占める割合...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。