遭難信号システムを開発の仏オロリア

仏経済紙レゼコーは12月2日付で、遭難信号システムを開発する仏オロリア(Orolia)社の紹介記事を掲載した。同社は原子時計の開発を発端に位置情報システムに進出。遭難信号発信機の英McMurdoの買収...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。