EDF、チリでの再生可能エネルギーを強化

仏電力大手EDF のレビCEOは12月1日、南米チリを訪れ、北部アタカマ砂漠に位置する太陽光発電施設「ボレロ」の開所式に出席した。「ボレロ」はEDFが丸紅と折半出資。容量は146MWで、EDFが設置し...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。