チュニジア:預金供託金庫、低炭素経済への転換に協力

チュニジアの政府系金融機関「預金供託金庫(CDC)」は11月25日、低炭素経済への転換を目的とする合意を農業省との間で結んだ。持続可能な開発の枠内で、森林資源を保全しつつ社会経済的に活用して雇用を拡大...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。