会計検査院、住宅営繕を対象とする税制優遇措置を問題視

会計検査院は11月28日、住宅営繕費用に係る付加価値税(VAT)優遇税率の適用について、費用がかかる上に政策効果の点で疑問があるとの判断を公表した。政府に対して評価の実施と再検討を求めた。
住宅営繕...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。