カメルーン:仏企業、カカオの殻を燃料とする発電所建設を計画

仏エネルギー・バイオマス・ソーシング(EBS)は、カカオの実の殻を燃料とするバイオマス発電所をカメルーンに建設する計画を進めている。このほど代表団が国内最大のカカオ生産地である中部レキエ県と南西部を訪...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。