ベルギー連邦原子力検査庁、エレクトラベルの安全対策を批判

ベルギー連邦原子力検査庁(AFCN)のJan Bens長官が、電力会社エレクトラベルとその親会社である仏エネルギー大手エンジーに宛てた2通の書簡で、同社が運営する原子力発電所の安全性について強い懸念を...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。