炭素偏析問題:運転停止の仏原子炉、本格的な再開は1月以降に(ASN局長)

ASN(仏原子力安全局)のシュベ局長は、鋼鉄内の炭素偏析問題調査のため仏国内で現在運転停止中の原子炉について、本格的な運転再開は「2017年1月以降になる」と述べた。11月23日付の仏ルフィガロ紙のイ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。