仏国民のインターネット閲覧時間、2017年にテレビ視聴時間を上回る見通しに

調査会社eMarketerの予想によると、仏国民の平均インターネット・メディア閲覧時間が、2017年にはテレビ視聴時間を上回る見通しとなった。それによると、2017年の仏国民のインターネット閲覧時間(パソコン及びモバイル端末)は一日平均4時間7分に達する見込みで、テレビ視聴時間(3時間51分)を初めて上回る。テレビ視聴時間は、過去数年間ほぼ同レベルにあるが、インターネット閲覧時間は、大幅に増加しており、2013年の2時間47分から、2016年には3時間46分へと伸びる見込み。加えて、2017年には、モバイル端末上でのメディア閲覧時間が、パソコン(デスクトップ型及びノートブック型)上での閲覧時間を初めて上回ると予想されている。一方、従来の紙メディアの閲覧時間は、2016年には35分とされている。なお、仏でのスマホ普及率は、2016年に70%強で、2017年には76%に達すると見込まれている。