タンタンの原画、過去最高の155万ユーロで落札

19日にパリのオークションハウス「アールキュリアル」で漫画(BD)関連の競売が行われた。出品のうち、エルジェ作「タンタンの冒険」の「月世界探検」の原画一枚は155万ユーロというBDとしては過去最高の価格にて落札された。同日にはパリのクリスティーズでもBDをテーマとする競売が行われ、こちらでも同じ「月世界探検」の原画が60万2500ユーロの高値で落札された。こちらは主人公のタンタンが出てこない部分でその分安かったが、評価額の35万-40万ユーロを大きく上回る落札額となった。この日のオークションで、アールキュリアルは総額450万ユーロ、クリスティーズは321万ユーロの売上金を達成、BDが投資対象として定着したことをうかがわせた。特にタンタンの人気は高く、2015年には原画競売の売上金の2割を達成。タンタンの場合、愛好家・収集家に留まらず、資産家が避難資産として投資する動きが本格化しているという。