炭素偏析問題:原子炉7基の運転は1月以降に(ASN局長)

仏原子炉の蒸気発生器で、鋼鉄から炭素が高濃度の部分が検出され、原子炉7基の運転が停止されている件で、ASN(仏原子力安全局)のシュベ局長は、これら原子炉の運転再開は1月頭以降にずれ込むと述べた。仏ラジ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。