駐仏米国大使館、ダイバーシティ雇用の推進に協力

駐仏米国大使館はこのほど、ダイバーシティ雇用の推進支援を目的としたプログラム「#JobsForAll 才能全開」を開始した。郊外の問題地区に居住する500人の学卒者を対象に、大手企業においてインターン...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。