ドイツで鳥インフルエンザが発生

11日、北ドイツ、シュレスビッヒ・ホルシュタイン州にある七面鳥農場で七面鳥18羽が死亡した。死因はH5N8型の鳥インフルエンザとみられ、農場で飼育されていた残りの58羽も処分された。野鳥のH5N8型の...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。