CGG、新たな増資を示唆:株価は大幅下落

原油価格低迷の悪影響を受けて業績が悪化している仏CGG(石油関連サービス・地震探査)は11月8日、2016年第3四半期の最終損益を8790万ドルの純損失と発表した。前年同期には、再編に係る多額の引当金...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。