パリ協定の実施により新興国に23兆ドルの投資機会が発生(IFC調査)

世界銀行グループの国際金融公社(IFC)が発表した推計によると、COP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)において採択されたパリ協定を実施に移すことで、新興国において2030年までに23兆ド...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。