仏EPR建設の不法就労問題、控訴審が開始

仏フラマンビル原子力発電所のEPR(欧州加圧水型炉)建設に関して、外国人派遣労働者が不法就労していた事件に関する控訴審がカーン高裁で11月7日に始まった。この事件では、仏建設大手ブイグ子会社など5社が...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。