バタクラン、11月12日に再オープン:スティングの公演で

パリ同時テロの標的となったコンサートホール「バタクラン」が、事件からほぼ1年ぶりに営業を再開することが決まった。11月12日にスティングが公演を行う。
バタクランは2015年11月13日夜に武装したイスラム過激派グループの襲撃を受けた。パリ同時テロではあわせて130人が死亡したが、うち90人がバタクランで死亡した。バタクランは営業再開に向けて複数のアーティストに打診し、スティングが営業再開の重責を担うことになった。スティングは報酬をすべて、事件の遺族・被害者らが作った団体に寄付する。