チュニジア:カスリーヌ県で軍人殺害、「イスラム国」が犯行声明

「イスラム国」は11月6日、前日に発生した軍人殺害事件について犯行声明を出した。5日には、内陸部のカスリーヌ県(中部)内のMghilla山地で、軍人1人が自宅で武装したグループの襲撃を受けて殺害される...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。