フランス人のお気に入りブランド:アマゾンが依然としてトップ

調査会社OC&Cが仏消費者5000人を対象に行なった仏で事業を展開しているブランドの人気調査によると、米オンライン・ショップのアマゾンが再びトップに立った。同社の調査は、価格、商品の質、選択幅の広さ、サービスなどの一連の基準により、各ブランドを評価するもの。アマゾンは、2年前に仏冷凍食品チェーンのピカールに抜かれたが、昨年はトップの座を奪回していた。アマゾンは、選択幅の広さ、サイトの質、モバイルアプリの質、購買手続の信頼感及びスムーズさなどの項目でトップに立った。OC&Cでは、アマゾンがトップに立ったのには、価格以外の項目が貢献しており、価格だけが理由ではないと説明している。