バルス首相、西アフリカ諸国を歴訪:奴隷貿易の補償を否定

バルス首相は10月28日、西アフリカ諸国歴訪を開始した。31日まで訪問する。この機会にあわせて、首相は30日にルモンド紙などに文章を寄せて、フランス政府として、過去に行われた奴隷貿易に関する補償を行う...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。