大パリ圏環状地下鉄整備事業:残土処理で入札開始へ

パリ圏環状地下鉄の整備事業に絡んで、発生する残土の処理が問題点として浮上している。整備事業の推進主体であるSGPは21日、パリ首都圏(イルドフランス地域圏)及びADEME(環境・省エネ庁)と共に、残土...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。