国内の原子炉5基が運転停止へ:蒸気発生器の検査が目的

仏ASN(原子力安全局)は18日、国内の原子炉5基を停止し、検査を実施するよう原子炉を運営するEDF(仏電力)に命じた。次回の定期検査を待たず、追加の検査を3ヵ月以内に実施するよう命じた。
ASNは...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。