エンジー、ルクセンブルクを利用して270億ユーロの税逃れか

仏エネルギー大手エンジーは、傘下の「Engie II(Engie Invest International)」という持株会社を介して、270億ユーロの資金を欧州の租税回避地として知られるルクセンブルク...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。