労働省、就職差別対策で40社と協議へ

労働省はこのほど、40社に書簡を送り、就職差別対策に関する面談を行うため代表者に来庁を要請した。先に政府が民間企業を対象に行った「ブラインドテスト」の結果検討が行われるという。
来庁要請を受けた企業...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。