パリ近郊で地熱を利用した熱生産施設が開所

パリ近郊のバニュー(オードセーヌ県)において10月11日、地熱を利用した熱生産施設が開所された。同施設は仏ダルキア(EDFのエネルギーサービス子会社)傘下のBageopsが建設、運転を担当する。同施設...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。