マルセイユ市議会、大モスク建設計画を白紙に

マルセイユ市議会は7日、市内の大モスク建設計画を白紙に戻す決定を採択した。2007年に建設・運営の事業主体との間で結んだ市有地の賃貸契約(50年)を取り消した。同市の市政を握る共和党(保守)と極右「国...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。