会計検査院、若年向け雇用対策の不備を指摘

会計検査院はこのほど、若年層(18-25才)の雇用促進策の業績評価に関する報告書を公表した。政策効果が薄い点を指摘、効果がある政策に重点的に予算をつける方向で制度を改正するよう勧告した。
報告書は、...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。